元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀の出来事フラワーギフト



5月10日は「母の日」 | 5月5日は「子供の日」 |NEW 6月21日は「父の日」

2009年07月25日

記念日大すき日本人

記念日大好き日本人
文化の細道 お祝い ギフト プレゼント

記念日も大好き。そして、演出も大好きなのが日本人です。
ただ、ここには日本人だからという国民性だけでなく、性別による差異も生まれています。

【クール便配送(無料サービス)】翌日配達お花屋さん フレッシュな”トルコキキョウ”。カラーはホワイトベースが綺麗なピンクとブルーの愛されトルコキキョウ花束【 送料無料 】やさしい花束(トルコキキョウ花束)[即日発送・翌日配達]  誕生日・記念日・お祝い・結婚祝い・お見舞い・歓送迎会・結婚祝いお礼の花の配達便!

大人なわがままが叶う愛着の湧く贈り物 {ZUTTO}


単純明快に言えば、男性は演出をするのが好き、女性は演出をされるのが好きという傾向にあるようです。
これはよくドラマや映画などでも見られ、男性がデートの時に何かギミックを仕込んだり、それこそそのまま記念日にサプライズを提供したりしている場面は星の数ほどあるでしょう。

そもそも、そのドラマや映画を作っているスタッフ自体、演出にはほぼ男性がついています。
男性の「演出するのが好き」というのは、外国においても同様で、これが発展したのが「レディーファースト」「フェミニスト」といったところなのかもしれません。
日本人の、そして男性の演出好きというのには、やはり何かしらの理由があるかと思います。
同時に、されるのが好きという女性にも理由があるでしょう。
ここからは推論になりますが、男性というのはとかく何かと引きずる生き物です。
一方の女性は、すぐに忘れたがる生き物です。
そういった性質が、演出のする側、される側にくっきり分かれた理由かもしれません。

というのも、引きずる性質というのは、言ってみれば粘り強いともいえます。
どういった演出をするか考え、それを具体的に実行に移すまで様々な試みを行い、想像を膨らませるというのは、男性のほうが得意のように思えます。
一方、女性の方は、どこか飽きっぽい部分があり、日頃からサプライズに飢えているところがあるかと思います。
これが、演出する側とされる側の境界に相当するのではないでしょうか。

こういったところが、記念日の価値観にも現れているかと思います。

カオルアートトリプルエス チョコレートケーキ

カオルアートトリプルエス チョコレートケーキ

  • 出版社/メーカー: カオルアート
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



参考記事リンク⇒記念日プロデュース


posted by 文化の細道 お祝い ギフト プレゼント at 08:05| Comment(0) | プレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

PING送信プラス by SEO対策

TOPページ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。